見くびっていたのです。


だって、クーポンマガジンの、「辛い唐辛子」的ネーミングのついた、非常に有名な例のあのフリーペーパーに載ってるような、レストランだったから。


ジャンルも、ユーロアジアンなんとか、って、何だか良くわからない料理ジャンルだし・・・。


でも、先月あたりから、ずっと気になっていて、一度行ってみたかったのです。
そのクーポンマガジンに載ってた、お店の写真とかが、とってもきれいで、
「へええ!!!気になる!」って感じだったのです。

しかし、一人ではなかなか行く勇気がないのが現状。

某姐さんを誘ってみたんですが、
「だってーあのマガジンに載ってるようなレストランなんでしょー?
 なんか、レベルが・・・微妙ー」
といわれてしまったので、これは下見をしないと、きっと一緒に行ってくれません(笑)


で、美と食の巨匠の、D姐さんと、下見がてら潜入してみることにしました。
もしそれでおいしかったら、R姐誘ってまた来よう!と、D姐と計画。
せっかくなので、もう一人お友達も誘って、3人で行くことにしました。


ぶひが仕事が昼までなので、終わって帰ってきたのは1時半近く。


会社の制服を着替えるのが面倒で、D姐に、
「ねーたん、俺、このままの格好で大丈夫かなあ?」
と聞いてみました。

「うーん・・・初めて行くから、ちょっと雰囲気がわからないなあ。」
と、困り顔のD姐。


そうだよな。まあ、そんなにウルサイ店ではないと思うけど、この汚い制服じゃあんまりだよな。
よし、一応、着替えて行くか。



てなわけで、一応、レストラン仕様?の服に着替えて、潜入。

お店までの運転は俺。



「だって、ぶひちゃん運転の方が絶対早いから。」

と、D姐、ニッコリ。



・・・・・・・期待を裏切らないように、暴走運転して、なんとか時間に間に合いました。


俺、どうやら、仲間うちからは、運転荒いと思われてるようです。
ハンドル持つと、人格もちょっと怪しめになるのです。


否定はしないけどな。



だって、普通の国道、40キロでチンタラ走ってなんかいられないよな?
80は出すよな?
なあ、た○ぢる?(←FOR・元走り屋)



で、お店についてびっくり。

13802824.jpg

ace37ce2.jpg






汚い制服で来なくてよかった・・・!!!!



こ、こんなに立派なレストランとは、思わなんだ。ビビったぜ。


そして入ってビックリ。

827c7db8.jpg



*くわしくはこちら!


俺のような豚、明らかに場違いですよ・・・!!!
(涙目)



ごめん、姐さん、俺、帰るね!!!

と、回れ右しそうになりましたよ。マジで。



コースは、真ん中くらいのレベルのを注文。
お肉もお魚も、両方食べれて、すっごくおいしかったです。


で、帰り際、お店の方から、パンフレットをいただきました。


「22日の、いい夫婦の日に、特別ディナーのご用意をさせていただいております。
 もしよろしかったら、ご夫婦でいらっしゃってください。」




いい夫婦ではないですが、行ってもよいのでしょうか?



という、友達の言葉が非常におもしろかったです(笑)

また行きたいです。