ぶひ日記

お嬢と、おいしーものと、コスメと、猫をこよなく愛する 三十路ーズ日記。 ※宣伝コメントは削除します。

2008年01月

爺の心。

退院して3日目になりますが、爺の調子は変わらず横ばいです。

数値も、退院後、案の定140まで上昇悲しい


静脈点滴の3分の1しか皮下点滴で流せてないので、当たり前といえば当たり前ですが
やはり数値が上がってるのを見ると、心底落胆してしまいます。


爺はきっと入院前のようにすごく具合悪いはずです。


仕事に行くときも、心配で心配で、仕事が終わったらマッハでJRに乗る毎日。

縁起でもないですが、「帰って死んでたらどうしよう」 そればかり考えてしまいます。






ご飯を食べて欲しいのですが、受け付けない爺の気持ちもわかります。
人間だって具合悪いときは食欲落ちますしね。

でも食べてもらわないと、治るものも治らなくなってしまうので、
とにかく食べてほしいと願うばかりで、

飼い主としては日々、どうやったら食べてくれるか苦戦中です。



昨日は会社に、夕方から5時間だけ働きに行ってきたのですが、
かえってきたら、2種類置いてあったご飯を両方とも少し食べた形跡が

でももっと食べてもらいたい。



なので、まずは爺の食べ方を観察してみることに。


すると、よくよく見てみると、爺はがつがつ食いつく感じではなく、
舌を使って、なめるように食べてることに気づきました。


思い返せば、爺は元気なときから、ご飯は「なめて食べる」子でした。
なので、お皿に残るご飯はたいてい、片側にナナメに寄ってる感じでした。

ということは、なめて食べれるような形状にすれば食べやすいのでは、と思い、
さっそくミルミキサーを購入してきました。

爺のご飯以外に使う目的もないので、一番やすい小さいものをチョイス。


ここ数日、いくつか市販品を与えてみて、食べてくれるものを見つけたので

(腎臓用のはどうしても食べてくれないの

それをミルでペースト状にして、爺にあげてみました。



食べた? 



やっぱり食べやすい形状なのと、ミキサーしたおかげで美味しいニオイが立ち上るように
なったおかげか、与えたぶんの4分の1くらい食べてくれました



お薬を混ぜてまた食べなくなると困るので、薬はペースト状のご飯に混ぜて、
注射器(針なし)で、口の中にぴゅっと入れてしまうようにしています。

心底、不愉快な顔をされますが(笑) 爺のためだから仕方ない。



数日ソファで寝ているため、飼い主の肩と腰もちょっとキテますが(笑)
爺から目を離したくないのと、爺がソファで寝たがるので、
三十路も老体にムチ打って、夜中も老人(老猫?)介護を続けています・・・・。



おしっこは数時間おきにちゃんとしてるのですが、
前のようなクッサイおしっこではなく、まるで水のようなおしっこです。
ニオイもほとんどなし。 本当に水のよう。

腎臓が悪くなってから、おしっこの中に老廃物を排出できてない証拠ですので
すごく怖くなるのですが、出してるだけマシかなと思っています。


今、爺のご飯は、病院で食べてた、ヒルズのa/d と市販品です。


ヒルズのa/dとは、回復食で、高カロリー・高たんぱくの、栄養食です。
本当は腎不全の爺には一番食べてほしくない、「高たんぱく」「リン」なのですが

食べてくれないほうが困るので、先生と相談した結果、少しずつ与えています。


あとは、市販品の、レトルトパウチになった、高齢猫用のおさかなフードです。

爺は昔から、お魚缶詰で育ててきたので、
腎臓用のご飯みたいな、肉メインで作られたものはあまり好きじゃないんです・・・。

今になって、偏食がアダに!!

でも食べてくれるだけマシなので、高齢猫用はそこそこ腎臓などにも配慮された
ご飯でもあるので、食べたいだけ与えています。

といっても、本当にちょびっとで、1パウチの3分の1くらいしか食べれないんだけど。




まだまだ先は長いので、お互い爺と頑張ろうって決めたので、頑張ります。




ところでみなさん、占いとかそういうの信じますか?


ぶひこは、占いは全く信用しません。 興味もないです。


ただ、守護霊を見る人とか、予見できる人は興味があります。
占いではなく、実際に自分の背後にいる人と話を出来るなら、
その守護霊の話を聞いてみたいと思います。



この先は、そういうものに興味がある人だけごらんください。

続きをよむ、に隠しますので、おひまで興味があればぜひ。 続きを読む

退院1日目

退院して丸1日たちました。


正直、爺の調子はあまりよくないです。


というのも、食欲が落ちてしまい、まる1日ご飯を食べていない状態です。


昨日の夜、帰宅してから、早速腎臓用のご飯をあげてみたのですが
見向きもしてくれませんでした・・・


仕方ないので、先生の許可を得ていた、市販の高齢猫用の缶詰をあげたら
それはやはり好きなようで、食べてくれたんです。

でもいつも食べる量の4分の1くらいで、食欲はあまりないみたい。

ちょっと(本当にちょびっと)食べただけで、あとは横になるばかり。



市販の高齢猫用のも、一応高齢猫用に作ってあるのでそれなりに成分は考慮してあるらしいのですが
やはり腎臓のためには、専用のご飯じゃないと・・・・なんですよね。



今朝、お薬を混ぜて、昨日食べてくれた市販のご飯をあげてみたのですが
今朝は全く食べてくれませんでした。 

がーん



とりあえず今朝も、病院に皮下点滴をしに行ってきました。
会社は休みました。

今回こんなことになって、会社のシフトを変えたり休みをもらっているのですが
それでも会社のみんなは快く休ませてくれて、とてもありがたく思っています。

ペットを飼ってない人から見たら、「なんだ、猫くらいで」と思われてるかなあと
思ってたんですが、

会社に行けば、みんなが「猫、大丈夫?」と心配してくれて、すごくありがたいです。

職場に恵まれていて、本当によかった。 感謝でいっぱいです。




今朝は病院行くときに、爺に抵抗されるのを覚悟していたのですが、

意外や意外、キャリーのドアをあけると、自分から入っていってくれました。

自分でも病院行くことわかってるのかなあ。 あまりのおりこうぶりに感激(笑)





先生にご飯を全く食べてくれないことを話すと、先生も困り顔。

仕方ないから、食べるご飯を食べてくれるだけ与えてよいということになりました。
腎臓に負担がかかる云々より、体力を消耗するほうが心配で、
ご飯を食べてくれないほうが困るとのことでした。

なので市販のご飯なら食べてくれるのであれば、とりあえずそれを与えてよいとのこと。

ご飯を食べてくれないと薬も与えられないので、困っちゃいます。




とりあえず様子見てくださいといわれて、皮下点滴してもらい、
水が入ってラクダみたいになった爺を連れて帰ってきました。



でも、今の丸1日たった状態でも、市販品さえ食べてくれず・・・・
水も昨夜ほど飲んでないようです。


どうしよう





昨夜は、前足が痛いのか、お気に入りのソファにのろうとするときに、
力が入らなかったのか、すべり落ちてて、ショックでした。

降りるときも、いちいち着地が心もとない感じで、見てるとハラハラします。


病院でつけられてきたガーゼをはずしてあげようとすると激怒されました。

もうはずそうね?、と前足のガーゼに手をかけた瞬間、かまれました


うう・・・・かまれた。 ショック。


このぶひこをかじるなんて、よっぽどイラついてる証拠ですね
相当ストレスだったようです。 ごめん、本当にごめん。爺。





昨夜は、爺が心配だったので、和室で寝ました。
和室は、リビングと続いてるので、爺が何をしてても安心だし、
2階の寝室だと、爺がトイレ行くときとか困るかなと思って、和室にしたのですが、


爺が一緒に寝てくれません



具合が悪いのか、怒ってるのか、ソファで一人で寝てしまうんです。


でも目を離すのが怖かったので、無理やりソファで一緒に寝ました。

おかげで頭も腰も痛いし、寝不足で飼い主が具合悪くなりました



それにしても、老人介護とか、赤ちゃんがいるのってこんな感じかなと思いましたよ。


爺のやることなすこと、目が離せなくて、
爺が目を覚ませば、ぶひこも目を覚ますし、
爺がトイレに行ってる様子だったら、それを見守ってなくちゃいけないし、

いい経験させてもらってます・・・(苦笑)



1時間続けて寝れればいい方です。 



昨夜は点滴をはずしたばかりだったし、水も飲んでたので、おしっこに何度も起きてました。

しかし、ペットシーツでおしっこしてたせいか、なかなかトイレの感覚が戻らず、
砂場まで行くのですが、砂場に入る前にしてしまったり、
間に合わないのか、砂場にお尻が全部入るまえにしてしまったり、

夜中に何度トイレ掃除したか覚えてません(苦笑)




もしかしてトイレ入りづらいのかなと思って、今までドーム型だったトイレの、
ドームの部分(フタ?)をはずして、ただのトレイ状にしてあげると
入りやすくなったのか、ちゃんとするようになりました。  

よかった


でもご飯は食べてないので、 はしてくれていません・・・。 便秘が心配。





今日は朝から、水もあまり飲んでないようだし、トイレもそんなに行ってない様子。

やはり静脈点滴の方がいいんだろうか・・・・
点滴外したから、流れる水分の量が減って、数値が上がってるんじゃないだろうか。


※今日は採血はしていません。


いろいろ考えると、心配で不安で、飼い主が精神的にまいってしまいそうです


今晩ご飯を食べてくれなかったら、どうしよう。

さっきも、また美味しい市販品をあげてみたのですが、寝起きなせいか華麗にスルー


もちろん、もらった腎臓用のカリカリは完全視界からフェードアウトのようです。


食べてくれなきゃ困るのに・・・はがゆい。


前なら、「贅沢言うんじゃないよ!」と言って、そのままそれしか与えなかったら、
しぶしぶと食べていたのですが、

(でも食べ方が明らかに寂しそうで、背中も哀愁ただよってた・笑)

今は病人なので、そんなスパルタ式ができません・・・・。


とりあえずワガママ言ってもいいから、とにかく食べてほしいのですが・・・・

家に帰ったらリラックスしてご飯もりもり食べてくれるかと期待してたのに、
病院にいたときの方がしっかり食べてたなんて、若干ショックです。

やっぱり病院だと点滴でカラダがラクだったのかな・・・・。


でも前足にはもうしばらく静脈点滴できないし、かと言って後ろ足までつぶせないし。

ジレンマで、マジ凹みます


先生の話によると、退院したばかりの猫は、かなり体力消耗してて
疲労してるので、だいたい退院直後はとにかく寝てばかりだとのことです。

それにしても、食べずにひたすら寝てるのを見ると心配で死にそうになります


今も、爺がソファで丸まってるのですが、たまに死んでるんじゃないかと不安になり、
何度も声をかけてしまいます。






今回、正直、爺の死を覚悟しました。

もう数値が下がらないなら、駄目かも。 尿毒症になるのも時間の問題かなって。


でも、みなさんの温かいメッセージや、
高齢猫ちゃんが腎不全から回復したとか、そういう体験談をいただくと
すっごく励みになり、ようし頑張ろう!!って思えるんです。

みなさんにはなんてお礼を言ったらいいかわかりません。

特に腎不全や、尿路疾患からの回復の体験・注意などをいただいたみなさんには
つらい過去を思い出させたあげくに、アドバイスまでいただいて
感謝しきれないくらいです。


本当にみなさん、ありがとう。

ab0c8018.jpg

お気に入りの毛布で、今日くつろいでる爺。

あんまりぶひこのひざなどに乗りたがらなくなってしまったのが悲しいけど、
抱っこしてあげると、ごろごろ言って甘えてきます


今日も爺をなでながらボーっとしてたとき、不意に涙が出てしまい、
ごめんね。と謝りながら、また泣いてしまったのですが、

それまで寝ていた爺が、急に起きて、目をぱっちりあけて、
ぶひこに一生懸命、「にゃ?」 って話しかけてきました。

やはり100%泣いてるのをわかっているようです。

爺の前で泣いたら駄目だと思いつつも、もうほんと涙もろくなってしまって(苦笑)

でも爺、爺こそつらいのに、ありがとうね。



それにしても、あんなに激やせした爺ですが、

顔の丸さは健在で、本当にまん丸で、ひそかに驚愕しております(笑)

退院

爺が退院しました 

今、一緒にこのブログを更新しています^^



ただ、イイ退院とはいえなくて、「一時退院」 なんです・・・。




今日の爺の数値は、 BUN 123


昨日は横ばいでしたが、今日は10ほど下がってました。



先生としては、丸5日点滴を流しても、155が123までしか下がらなかったのは
思ったより悪い結果だったらしいです。

予想としては100以下になってほしかったそうですが、
いかんせん高齢のため、やはり思うように下がらなかったとのこと。

しかも昨夜から、ちょっと薬を変えたそうで、でもそれでも10しか下がらなかったんです。




そして、爺の点滴を入れてる血管が、ちょっと限界になってきていて、

普通は1度入れた針は1週間ほどもってくれるんだそうですが
爺の場合、高齢なのもあり、右手の血管は3日しかもたず、

昨日入れ替えた左手の血管は、すでに今日腫れ始めているとのこと。


前足2本とも、ちょっと限界に近く、
これ以上やると血管がぼろぼろでつぶれてしまうと言われてしまいました。


後ろ足も残ってはいるので、続けようと思えば、後ろ足に入れなおすことも出来ますが

万が一、どうしても点滴を入れなくてはいけない緊急事態があったときのために
健康な血管を残しておきたいといわれました。



そしてそろそろストレスもたまっているらしく、
最初こそ温厚で怒らなかった爺ですが、昨日今日は、若干短気になってるとのこと(笑)



ご飯はもちろんペロリとたいらげ、おかわりまでしちゃう爺なのですが、

もう正直、これ以上静脈点滴をしても、爺の体に負担がかかるばかりで
思ったような結果が出ないのは可哀相なので、一度退院して、
おうちでゆっくり自宅療養してみようか。ということになりました。


もちろん、最初の1週間は、毎日通院して、皮下点滴をします。

あとは飲み薬と、腎臓用の食事に切り替えることにしました。


そして通院してもし数値がずっと上がっていくようだったら、再入院になります。



爺の腎臓は、思ったよりも機能できてなかったようです。


こんなふうにしてしまったのはぶひこのせいです。
早く気づいてあげられなかった。 飼い主失格ですね。


食欲がない、体重が減った、よく吐く、・・・・どれも腎臓が悪い兆候だったのに
見逃してしまいました。 悔しくて泣けます。

爺の腎臓の、一度だめになった細胞は元には戻りません。
爺の腎臓を駄目にしてしまったのはぶひこです。

情けなくて、すごく反省しています。 爺、本当にごめん。
あやまって済む問題じゃないけど、本当にごめんね。

そのかわり、これからは爺のために一生懸命頑張ります。



猫は、腎臓・尿路疾患がとても多いです。

もともと、砂漠地域出身の動物なので、水分の喪失を少なくするために
少量で濃いおしっこを排泄するようなカラダの仕組みになっていて、
犬や他の動物に比べて、尿路にさまざまな症状が出やすいんだそうです。

爺は今回、腎不全ということですが、猫には膀胱炎や、尿結石がとても多いのです。

症状が進むと、尿道が詰まって排尿ができなくなることもあり、
尿毒症になって、短時間で死に至ることもあって、とても注意が必要だそうです。


*要注意症状

尿の色がピンク?赤くなり、血が混ざっていることもある
トイレでじっとしてても、なかなか尿が出てこない
力んでいる
トイレに行く回数が多くなる
トイレじゃないところで排尿してしまう
行動が落ち着かない
食欲がない。元気がない。



このうち、確かに爺は食欲もなくなり元気もなくなり、トイレの回数が増えたし、
そういえば数回、トイレを間違ってたこともありました。

サインはあったのに、見逃してしまいました。 勉強不足です。


もしもみなさんのおうちの猫に、こんな症状があったら、すぐに病院へ
連れていってあげてください。

ぶひこも、爺は昔からよく毛玉を吐く猫だったので、多少吐いてても
あんまり深く考えてなかったんです。

しかし、たまに泡を吐いたり、黄色い汁を吐いたりしてたのもあって、
泡は胃液、 黄色い汁は腸の方からの、いわゆる胆汁だったんです。


少しでも、フードや毛玉以外のものを吐いたら、すぐに病院へ連れてってあげてね。




今回爺が処方されたお薬は、「メルクメジン」 といって、
カラダにたまった老廃物を吸着し、除去する薬で、成分は球形吸着炭です。

60e2d504.jpg

1カプセルを半分にしたものを、1回として、1日2回あげます。
水には溶けないので、ご飯に混ぜて食べさせることになります。

黒い粒つぶです。



2fb8bc40.jpg

爺のこれからの、腎臓用ごはん。 ウォルサムの、腎臓サポート RENAL S/0

慢性腎不全の猫、および肝疾患に伴う高アンモニア血症を呈する猫用に、
特別に調整された食事療法食です。

リン・たんぱく質、脂肪の含有量を制限してあって、必須脂肪酸を増強してあります。


腎不全を悪化させないように、リンが減らしてあり、
血流をサポートするフラボノイドも配合され、
腎臓の糸球体機能をサポートするEPA、DHAが増強されていて、
胃や腸粘膜潰瘍の形成を誘発する可能性がある窒素性老廃物を考慮してオリゴ糖入り。


かなりかしこいご飯です


爺は入院中、このご飯を食べていましたが、イマイチ好みではなく、
高カロリーの方がやはりおいしかったらしいです(笑)

でも腎臓用のも、残ってればしぶしぶ食べてたとのこと(笑)

好き嫌いはあるかもしれないけど、爺にはしばらく我慢してもらわなくっちゃ!


まあ、この腎臓用のご飯も、何種類かあるみたいなので、
いろいろ食べさせてみて、好みのものを見てみたいと思います。


大好きなカルカンを思い切り食べれられなくしてしまったのも、
好みじゃない腎臓用のご飯を食べなくちゃいけなくさせたのも、
すべてぶひこのせいです。 

爺。 本当に本当にごめんなさい。 至らない飼い主で本当にごめんね。


78e5bc53.jpg

おうちに帰ってきて、お尻を洗われて、ふてくされてる爺(笑)

でも、かえってきてくれただけで、ぶひこは今すごく嬉しいです。

爺もゴロゴロ言いながら、一緒に居ます。

点滴入れてた前足が痛いのか、びっこ引いてて可哀相ですが
それでもしっかりストーブの前で暖をとっています^^



みなさん、本当に心配してくれてありがとう。

明日からも毎日通院ですが、また報告しますね。
みなさんのおかげで、一時退院できました。 よくなっていきますように
ようこそ駄ブログへ!
  • 累計:





にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村
クリックしといていただければと。

ぶひメールはこちら。
三十路について。
駄ブログ内で検索。
ツッコミありがとう。
ぶひ的お気に入りブログ
月別。
お世話になってます。
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

ブログタイムズ

ランコム ローズ マガジン
商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット(Blonet)」で!
携帯からもぶひ日記
QRコード